毎日忘れずに服用しよう

Beautiful girl is worried

低用量ピルは、毎日服用することでほぼ確実な避妊効果が得られるものです。
どうして低用量ピルを服用すれば妊娠しないのかというと、黄体ホルモン、卵胞ホルモンは本来女性の体の卵巣から分泌されるものですが、低用量ピルはこれらを化学合成して配合したものなんです。
低用量ピルを毎日服用することで体内の女性ホルモンの分泌量が一気に増加し、排卵後と同じ状態を作りだしてくれます。
そのため、排卵を誘発するホルモンの働きがストップ。もし精子が体内に入り込んできても、卵子が出ないため受精卵が作られず妊娠しなくなるというわけなんです。
だから、体内のホルモンバランスは常に一定に保っている必要があり、毎日1錠決まった時間に服用し続けるのが大切なのです。
低用量ピルを使い始めるタイミングですが、生理開始3日目から服用し始めましょう。
ちなみに確実に避妊効果が得られるまでには1週間程度かかりますので、もしも性行為をするなら低用量ピル以外の避妊方法をとる必要があるので注意して下さいね。
また、低用量ピルには21日タイプと28日タイプがあるので合わせて覚えておいて下さい。
1シート21錠入りの低用量ピルは21日間服用した後で7日間の休薬期間を設けることになり、その7日間が終われば次の新しいシートを服用するというように進めていきます。
28日タイプには、女性ホルモン入りの21錠と、何も含まれていない偽薬が7錠入っています。
21日タイプのような休薬期間ではなく28日タイプでは偽薬を服用し続けるので、忘れることが不安な方は28日タイプが良いかもしれませんね。
低用量ピルには、避妊効果だけでなく生理痛を軽くする効果もあります。上手に使って、快適な毎日を過ごせるようにしましょう。